スポンサーサイト

2015.12.28 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    男のおしゃれについて語る

    2015.12.28 Monday

    0
      ジャガードデザインはそれ自身だけで着ても充分様になりますし、重ね着のインナーとして着てもプリント等のないデザインの商品とはちょっと違うムードを手軽に取り入れられる実力派のアイテム。
      コットンはアルカリ性で傷みにくいという特性を持ち、水に濡れることで更に強くなるので、洗濯ではアルカリ性の洗剤で洗うのが良いそうです。熱も平気なのでお湯を使って洗濯したり、高温でアイロンを掛けても問題ありません。
      二重弁慶格子は千鳥格子と同様に、クラシカルな感じがあるのがウリですが、レディース向けが多いハウンドトゥース・チェックとは違って二重弁慶格子は男性向けのファッションとなります。
      パーティーなどのフォーマルなシーンでは、背広に加えてアウターにも妥協したくない。わざわざ良い背広で決めてきても外套が安物だとちぐはぐな印象に。
      多くの格子柄はいかにもスコットランドらしい空気感です。一方、ブロックが敷き詰められているようなブロックチェックは米国生まれの様式でよく取り入れられるインフォーマルなイメージ。
      リアルレザー製品のような雰囲気が魅力的な上質なフェイクレザーはリアルレザー製品とは違って雨の日でも安心。濡れても軽く拭いて乾かすだけとケアも簡単です。これから使い込むつもりならチェックしておきたい点です。
      堅苦しいムードになりがちなテーラードの場合、クロップドのチノパンでラフさをプラスして、軽快な印象に仕上げてみては?リストバンドなどでさり気なく手首にワンポイントをプラスするのも周りよりも素敵に。
      カーディガン&プリントTシャツのコーディネートは気取らない取合せの基本。野性味が欲しいなら、黒いカーディガンと白いカットソーを合わせて落ち着いた感じに決めるのが秘訣。
      ウールで出来たチェスターコートはフォーマル過ぎて使う機会がないと敬遠されがち。そんな時には、ニットなどを材料として使用している商品をセレクトすると良いのだとか。
      バッグはデザイン性だけではなく、機能も度外視はできません。収納力があって、見た目も折れないカバンは思っている以上に少ないんです。
      この頃の蝶ネクタイは簡単に付けられる物が主流で、煩雑な結び方を覚えなくてもさらりと楽しめる種類も充実してきています。購入した時点で結び目が出来上がっており、付ければすぐに決まります。
      蝶ネクタイはシックなパターンのアイテムだけでなくカラフルでポップなデザインのアイテムも多く登場しています。コーデに合わせてセレクトできます。そのため、あらゆるコーディネートにボウタイを合わせられるようになりました。
      ストールは多彩な使い方ができるので幾つもの楽しみ方ができます。いつもは使わないなんていう人も実際に使ってみると着こなしの変化が多様化するのではないでしょうか。
      背広と合わせて着るコートの王道である綿素材のステンカラーコートはよく見ておきましょう。ステンカラーコートというのは日本独自の言い方で世界的にはバルマカーンコートと呼ばれることが多いです。
      ボウタイはいつものスタイルにグンと気取らなさを組み込んでくれるアイテム。ボウタイで馴染みがない方は、蝶ネクタイと聞いた方が普通かもしれません。

      スポンサーサイト

      2015.12.28 Monday

      0
        コメント
        コメントする